日本スケート連盟は30日、スピードスケートの平昌冬季五輪代表として、女子は500メートルと1000メートルで金メダルが期待される小平奈緒(相沢病院)や1500メートルなど4種目に出場する高木美帆(日体大助手)ら8人、男子は4度目の五輪となる500メートル日本記録保持者の32歳、加藤条治(博慈会)やウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)一戸誠太郎(信州大、いずれも山形中央高出)小田卓朗(開発計画研究所、山形中央高-早大出)ら8人を選んだ。
 今季世界記録を連発する女子団体追い抜きは高木美、姉の高木菜那(日本電産サンキョー)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、菊池彩花(富士急)がメンバーとなった。
 女子は小平、高木美らが複数種目で出場権を得たため上限の10人に達しなかった。前回ソチ五輪代表は男子7、女子10だった。
 30日は長野市エムウエーブで五輪代表選考会最終日が行われ、女子5000メートルは押切美沙紀(富士急)が7分10秒68で1位、高木菜が2位だった。日本が五輪出場枠を確保していない男子1万メートルは日本記録保持者の土屋良輔(メモリード)が1位、一戸は3位だった。

◎一戸3位 1万メートル自己新

 男子1万メートルの一戸は後半の失速が響いて3位。それでも、自己ベストを2秒13縮めただけに「飛ばし過ぎたが、悔いはない」とすっきりした表情だった。
 31秒台後半から32秒台前半のラップを保つつもりが、2周目で30秒台を出してしまった。慌てて修正しようとしたが、思うようにスピードが落ちない。31秒台半ばで周回を重ねたことで体力を消耗し、8000メートルすぎで同走の土屋に抜かれた。
 平昌五輪で同種目は日本に出場枠がなく、5000メートルと団体追い抜きで代表に選ばれた。「まだラップをコントロールできていない。想像通りのスピードを出し、安定したレースをしていきたい」と改善点を見つけていた。(佐藤夏樹)