10月に豊洲市場(東京都江東区)へ移転する築地市場(中央区)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」があり、405キロの青森県大間産クロマグロが、この日最高額の3645万円(1キロ当たり9万円)で競り落とされた。1935年の開場以来、80年以上の歴史を刻んできた築地での初競りは今回が最後。

 「まるでウシみたいだった」。5日の東京・築地の初競りで最高値3645万円を付けたクロマグロは、大間産としては過去2番目の大きさの405キロ。釣り上げた漁師竹内正弘さん(66)=青森県大間町=が喜びを語った。
 昨年12月28日早朝、大間埼灯台から北西約4キロの海域。普段は1つしか沈まない、はえ縄の浮き球2つが海中深くまで沈んだ。
 「鳥の鳴き声がうるさかった」。海はいつもと雰囲気が違っていたという。機械の力を借り、15分の格闘の末、巨大マグロを仕留めた。
 「大間の海にこんなに大きいマグロがいるのかと、びっくりした」と振り返る。
 大間産のマグロは100~300キロ程度で400キロを超えたのは1994年の440キロ以来だ。
 竹内さんにとって、初競りでのトップは3年連続6回目。今年の初競りには、大間産のマグロが前年の倍以上の52匹出荷されたが、過去最高の1億5540万円や前年最高値の7420万円には及ばなかった。
 竹内さんは「金額の問題じゃない。一番は一番だ。大間のブランドを守ることができて良かった」と顔をほころばせた。