秋田犬発祥の地とされる大館市は、秋田犬に関する知識を深めて愛着を持ってもらおうと、ウェブ上で「忠犬ハチ公のふるさと 秋田犬検定」を実施している。
 検定は秋田犬保存会(大館市)が監修。昨年10月の「第45回本場大館きりたんぽまつり」で初めて開催し、会期中の3日間で計139人が受けた。昨年11月にウェブでの公開を始めた。
 秋田犬の特徴や忠犬ハチ公などに関する10問で、いずれも2択か3択。8問以上正解すると合格する。名前や住所などを登録すると合格者として認定される。9日現在、300人が登録した。
 合格者のうち希望者は、シリアルナンバー付き認定証、秋田犬との触れ合い方などを示した検定ガイドブック、特製ステッカーのセットを800円(税抜き、送料別)で購入できる。認定証以外はオンラインショップで別途販売している。
 市観光課の担当者は「秋田犬を入り口に、大館に興味を持ってもらいたい」と話す。
 連絡先は大館市観光課0186(43)7072。