JR秋田駅構内のそば店「しらかみ庵(あん)」が、地元食材の活用や新メニューの開発といった創意工夫で人気を集めている。駅の改装に合わせて2017年3月、秋田駅にあるそば店としては約8年ぶりに開店。多い日は1日に約450人が利用する。そばやうどんなどの麺類を中心に手頃な価格で提供し、列車の乗客だけでなく、地元住民にも愛されている。
 店は中央改札前にあり、内装は木目調。壁には五能線の観光列車「リゾートしらかみ」や白神山地の美しい風景写真が飾ってある。
 290円のかけそばをはじめ、メニューの多くは500円以下。「しらかみネギそば」(380円)、「白神豚の肉そば」(500円)といった秋田県北部で生産された食材などを使ったメニューもある。
 旧国鉄時代を知るJRの社員によると、かつては複数のホームに立ち食いそば店があった。利用者の減少で、09年に最後の1店が閉店。以来、東北6県の県庁所在地にある新幹線の駅では唯一、駅そばの店がなかった。
 復活を望む客の声を受けて、駅弁業者の関根屋(秋田市)が参入を検討。JRの関連会社の委託を受けて開業にこぎ着けた。
 関根屋がそば店を経営するのは初めて。開店後も客の声を参考に、麺のゆで加減など工夫と改良を重ねている。季節限定メニューの開発にも余念がない。
 店長の大門智さん(54)は「東北で最後発だが、ここに来てそばを食べたい、という人気店にしたい」と意気込む。年中無休。営業時間は午前7時~午後8時。