航空自衛隊のF35A最新鋭ステルス戦闘機1機が26日、空自三沢基地(青森県三沢市)に到着した。全国初の配備で、同基地には最終的に42機が配備される予定。
 機体はF4戦闘機の後継機として導入され、全長15.6メートル、幅10.7メートルで重さ13トン。レーダーに映りにくいステルス性が高いのが特徴で、高度な情報認識能力を備える。
 F35Aは同日午前9時46分、小牧基地(愛知県)を離陸。午前11時ごろに三沢基地に着陸した。鮫島建一基地司令ら隊員約400人が出迎え、放水のアーチで機体の到着を歓迎した。鮫島司令は「F35Aは厳しさを増す環境において安全確保に大きく貢献する装備品。飛行安全を確保しつつ、速やかな運用態勢確立に取り組む」と話した。
 同基地によると、F35Aは対空・対艦・対地攻撃など多様な任務が可能だが、基地の機能に変化はないとしている。米国政府の騒音に関する報告書などから判断し、F35Aによる騒音は「他の戦闘機と大差はない」と説明する。
 計画では三沢基地に2018年度は9機、19~21年度は各6機配備。18年度に約80人規模の飛行隊を結成、20年度にさらに1隊をつくる。