演奏者がインフルエンザにかかり、陸上自衛隊第9音楽隊が27日に青森県平川市で公演予定だった「ふれあいコンサート」(平川市自衛隊家族会主催)が中止となった。
 陸自第9師団(青森市)の広報室によると、トランペット奏者の3人全員が22日までに、インフルエンザに罹患(りかん)。観客への感染の可能性やトランペット奏者が不在となる状況を考慮し、23日に中止を決めた。
 市によると、演奏予定だった音楽隊員は34人。24日の時点で計7人が症状を訴えている。10年以上にわたるコンサートはこれまで11月に開かれていたが、本年度は会場の市文化センターの大規模な改修があり、1月の開催となった。
 コンサートは無料。市民に好評で、入場整理券740枚は3日ほどで配り終えた。中止決定が知らされた24日以降、市民から「本当に中止なのか」といった問い合わせがあった。日程の都合上、代替公演はしないという。