庄内交通(山形県鶴岡市)は15日、鶴岡市中心部を走る路線バスの一部区間で、中学生から大学生までの運賃を一律100円とするサービスを始める。学生に絞った一律100円運賃の導入は東北で初めて。
 顔写真付き学生証を降車時に提示すれば平日も休日も割引対象となる。利用可能区間は市内回り4路線の全区間のほか、鶴岡中央高校行きなど21路線の一部区間。
 市が本年度、鶴岡・田川地域の高校や高専向けに実施した調査では、登下校時にバスを利用する生徒の割合は5.3%。市内は少子化が進み、家族の送迎を受ける生徒もいてバス利用者は減少傾向にある。
 庄内交通は新サービスの導入で若年層の取り込みを図るとともに、送迎車両の減少による渋滞緩和や家族負担の軽減にも一定の効果が出るとみている。
 同社の担当者は「天気の悪い日や荷物が重い日、試験勉強で眠い日などにはバス利用をぜひ検討してほしい」と呼び掛けている。