自由党の小沢一郎代表は13日の定例記者会見で、森友学園に関する財務省の決裁文書改ざん問題について「あり得ないことで政治や行政の劣化を象徴している。政治家がどう責任をとるかの問題だ」と述べ、安倍内閣に退陣を迫る姿勢を強調した。
 小沢氏は「官僚がこんな非常識なことを自らやるはずない。首相夫人の姿がちらついている問題であり、権力側から相当強い圧力があったのではないか」と指摘。安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相に対し「早く辞めるのが一番いい」と辞任を求めた。
 問題発覚後、国会で野党の審議拒否が続いている状況に関し「言い逃れしようとしている人たちを相手に議論できない。質疑する状況にない」と語った。