最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は、JR東京駅で2016年8月、女性の体を触ったとして東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた元山形県職員岡部博征被告(48)=今年2月、懲戒免職=の上告を棄却する決定をした。27日付。懲役4月、執行猶予2年の一、二審判決が確定する。
 被告はかばんと携帯電話で両手がふさがっていたと無罪を訴えたが、一審東京地裁判決は、被害者や目撃者の証言などから有罪と認定。二審東京高裁も支持した。