任期満了に伴う青森県弘前市長選は1日告示され、いずれも無所属で、新人で元市議の畑山聡氏(63)、新人で元市職員の桜田宏氏(58)、3選を目指す現職の葛西憲之氏(71)の3人が立候補を届け出た。
 畑山氏は「周辺市町村との大合併により、大企業を誘致する。全国最低レベルにある市民所得の倍増に努める」と声を大にした。
 桜田氏は中核病院の早期整備などを掲げ「市民の生活と命を守り、次世代に胸を張って引き継げる弘前を目指す」と力を込めた。
 葛西氏は「市民に必要な事業を貪欲にやってきた」と実績を強調。「担い手不足を解消し、地元企業の足元を温める」と訴えた。
 投票は8日で即日開票される。3月31日現在の有権者は14万9618人。