フィギュアスケートで2016年世界ジュニア選手権女王のホープ本田真凜が3月まで在学した大阪・関大高から青森山田高に転校したことが4日、関係者への取材で分かった。4年後の北京冬季五輪出場を目指しており、4月からは練習拠点を米国に移すことを既に表明していた。
 16歳の本田はシニアに本格的に参戦した今季、精彩を欠き、平昌五輪出場を逃した。浜田美栄コーチの下を離れ、10年バンクーバー五輪女子銀メダルの浅田真央さんを指導した経験があり、3月の世界選手権男子で初優勝したネーサン・チェン(米国)を教えるラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事する。