◎水産加工会社社員 古川篤さん(41)=青森県八戸市

 弘前市出身で、大学を出てから小売りの仕事に就き、転勤で東北各地を回りました。次第に物づくりへの興味が生まれ、2008年に現在の会社に自分を売り込み、八戸に移りました。
 東日本大震災後、会社の枠を超えた視点を持ちたくなりました。八戸でも地魚に対する希薄さがあり、接点をつくろうと11年、同世代の仲間と「八戸ハマリレーションプロジェクト」を結成し、活動しています。
 地魚を愛する街づくりがテーマですが、まずは八戸の魚がおいしく、面白く、わくわくさせることがあればいい。その一つが毎年開くブイヤベースフェスタ。当初はここまで大きくなると思っていませんでした。
 参加する八戸の料理人と水産業にとどまらず、外ともつながりが増えて相乗効果で別のものも生まれました。2年目からは在日フランス大使館の後援をもらっていますし、今年は塩釜市で事前企画も開きました。
 八戸は資源や企業、交通基盤もそろっており、水産業でまだまだやれることは多いと思っています。