青森県階上町が浜のにぎわい拠点として、東日本大震災の津波で被災した大蛇地区に整備した漁業支援施設「はしかみハマの駅あるでぃ~ば」の完成記念式典が10日、現地であった。5月19日にオープンする。
 水産庁の水産業競争力強化緊急施設整備事業を活用し、事業費は2億4900万円。鉄骨一部2階で延べ床面積約545平方メートル。海産物の産直所、海の見えるレストランのほか、魚食普及に向けたイベントなどができるPRコーナーや研修室、調理室もある。
 公募で決まった名称は方言の「あるでば」から取られ、「ここに来れば浜のものがあるでしょう」などの意味が込められている。施設のロゴは八戸工業大(青森県八戸市)の学生がデザイン。町や階上漁協などの関係者による「はしかみふるさとラボ」が運営する。
 式典には町や漁協の関係者や地元住民ら約60人が参加。浜谷豊美町長は「震災で被害を受けた地域だからこそ、起爆剤となる施設として整備を進めた。年間通じておいしい物を提供していきたい」と話した。
 施設の場所は三陸復興国立公園内でもあり、みちのく潮風トレイルの休憩場所としての利用も見込む。