開業10周年を迎えた一関市藤沢町の岩手サファリパークが、動物との触れ合い体験など記念イベントを繰り広げている。22日まで。
 ホワイトタイガーやベンガルトラへの餌やり、ヘビとの写真撮影などを有料で体験できる。14、15日は屋台が並び、15日は記念の餅まきがある。
 入園料は22日まで半額で、中学生以上が1350円、小学生以下と65歳以上が750円。3歳未満は無料。園内周遊バスは別途料金がかかる。
 岩手サファリパークは、東北サファリパーク(二本松市)の運営で2008年4月に開園。12ヘクタールの敷地にアジアゾウ、肉食獣など約60種600頭の野生動物を飼育している。