JR郡山駅で12日夜、停車中の無人列車が約500メートル動き、ディーゼル機関車に接触する事故があった。けが人や運行への影響はなかったものの、JR東日本福島支店は「なぜ動いたのか」と首をひねる。
 動いたのは東北線や磐越西線用の列車(2両編成)。ホームから離れた「入換線」で待機中だった。12日午後8時45分ごろ、ディーゼル機関車に接触して止まっているのを、次の運行を担当する運転士が見つけた。福島支店によると、装着を確認した車輪止めが外れて線路脇にあった。運転席は施錠されたままで、何者かが運転した可能性は低いという。
 現場は完全に平らではないものの、福島支店の担当者は「それほど傾斜があるわけでもない。(宮城や山形を含む)仙台支社管内では初めての事例」と説明。福島県警にも連絡し、原因を調べている。