山形県は、県内7カ所の棚田の魅力を紹介する「棚田カード」を作製し、近くの直売所や公民館などで無料配布している。美しい棚田風景の写真に周辺の見どころや保存活動に関する情報を添えた。
 県が2007年度に選定した「やまがたの棚田20選」から、配布する場所や人手が確保できる7カ所を選んだ。「日本の棚田百選」にも選ばれている「大蕨(おおわらび)」(山辺町)や「椹平(くぬぎだいら)」(朝日町)「四ケ村」(大蔵村)などの棚田について1カ所当たり900枚を作製した。
 名刺より一回り大きいサイズで、裏面には水田の枚数や平均勾配などのデータを載せた。カーナビなどでアクセスできるよう、緯度と経度も表示している。配布場所は、県のホームページからアクセスできる「やまがたの棚田カード」に掲載されている。
 県農村計画課の担当者は「実際に足を運んで棚田の美しさに触れるきっかけにしてほしい」と話している。