青森タクシー(青森市)は、電子マネー「WAON(ワオン)」で運賃が支払えるサービスを導入した。ワオンでの運賃決済は青森県内で初めて。

 同社は青森市と十和田市を中心に122台のタクシーを運行。全車両に端末機を設置し、ワオンを使用できるようにした。今夏をめどに、同じ端末機で「Suica(スイカ)」など他の電子マネーの利用にも対応する予定。
 同社はワオンで運賃を支払った客を対象に、総額25万円分のタクシークーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中。今月31日まで。井上佳明社長は「キャッシュレス時代に合ったサービスの提供で、お客さまの利便性向上につながる」と話した。
 イオンリテール東北カンパニー(仙台市)によると、ワオンでの運賃決済システムは米沢市のタクシー4社が1月に導入。東北では青森タクシーが5社目。