▽準決勝第2戦

秋田(東地区1位)(2勝) 99/27-14/65 熊本(ワイルドカード)(2敗)
                24-22
                26-14
                22-15
▽観衆 4909人

 優勝を決めるプレーオフ準決勝(2戦先勝方式)は13日、秋田市のCNAアリーナ★あきたなどで第2戦が行われ、東地区1位の秋田がワイルドカードで進出した西地区2位の熊本を99-65、西地区覇者の福岡は中地区を制したFE名古屋を94-72で下した。ともに2連勝で来季のB1昇格を決めるとともに決勝へ駒を進めた。
 秋田は序盤から熊本を圧倒。先制こそ許したが、7連続得点で主導権を握って一気に点差を広げると、前半を51-36で終え試合をほぼ決定付けた。後半も攻撃の手を緩めず、34点差をつける大勝だった。秋田は今季、仙台とともにB2降格となったが、1季で返り咲きを決めた。
 熊本とFE名古屋は3位決定戦に回る。

<使命果たせた/秋田・田口成浩主将の話>
 B2降格の決まった昨年の悔しい敗戦から1年、この日のために頑張ってきた。使命を果たせてほっとしているし、うれしい。まだB2の優勝決定戦が残っている。しっかり勝ってB1に戻りたい。