秋田

秋田で男女8人感染 JR支社バスケ部員ら

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 秋田市は7日、JR東日本秋田支社バスケットボール部の男性部員6人と家族の計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市はクラスター(感染者集団)の発生と判断した。秋田県内でのクラスター発生は初めて。県内の感染者は計26人(再感染者を含む)となった。
 市によると、感染した男性部員は20代の5人と30代の1人。20代部員と30代部員の妻も感染が確認された。8人は7月31日から今月6日にかけ、発熱や味覚障害、嗅覚障害といった症状が出た。帰国者・接触者外来を受診し、検査で陽性と判明した。重症者はいない。
 同部は部員14人。県外遠征はなかったといい、1日に能代工高(能代市)と練習試合を行った。濃厚接触者と感染経路は調査中。

写真特集

一覧を見る