ファンレターを頂いた。飲食店から脅迫まがいのラブレターごときは届くが、ファンレターとは長い記者生活、いや人生初だ。
 差出人は、くらし欄ティータイム投稿者。寄稿を添削する確認のため電話した際、好きな作家の話でお互い盛り上がってしまった。
 文面は熱い。活字中毒の身で一番身近な存在が新聞だという。目を皿にして毎日真剣に読んでいる姿が、字面からひしひし伝わる。この欄もお気に入りの一つで、初めてファンレターをしたためたという。
 実はこのレター、原稿用紙にティータイム投稿形式でつづられてあった。さすがに私信に近いので掲載はできなかったが…。
 自分はこの日誌にお堅い仕事に直結した、いわば直球ものをあまり書かない。斜に構えた変化球が多いので、理解者のファンの存在はありがたい。
 むろん異論苦言のはがきや手紙を頂くこともある。寄稿を添削していて、お礼のはがきや写真を頂くこともたびたびだ。逐次返事を出せずいつも心苦しく思っているが、ちゃんと目を通している。さらにファンを増やせるよう、真剣勝負で活字に向き合いたい。
(生活文化部長代理 佐藤英博)