プロ野球東北楽天にかつて球団非公認のマスコットキャラクター「Mr.カラスコ」がいた。このところ、とんと姿を見ない。だから「かつていた」と書いておく。
 型破りだった。黒いユニホーム姿で不敵な面構え。オートバイに乗って現れるやいなやスタンドに分け入り暴れた。カラスの仲間だからだろう、ごみへの執着は並々ならぬものがあり、「拾う」「集める」を徹底してやった。おかげで球場のクリーン度はグンとアップした。
 あした、2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが発表される。全国の小学校からクラス単位で投票を募っていた。市松模様、招き猫、こま犬、タヌキ、キツネ…。最終候補の3セット案から選ばれるのは果たしてどれか。
 子どもたちはどう判断したんだろう。仙南地域の小学校で教師をやる友人に聞いてみた。「『おちゃめとかいたずらっ子とか個性があればいいのに』と言っていた。動画もあると良かったみたい」
 なるほど、Mr.カラスコは個性が伴ってファンに溶け込んだ。五輪もパラも、親しまれるマスコットに育ててほしい。