ちょっと心配がある。ノーベル賞の自然科学3賞で日本から受賞者が出るたびに、基礎研究への支援が少ないという嘆きを聞く。将来は受賞者が出なくなるというあまりにも暗い予想さえある。

 「生命科学は種まき。花が咲くとは限らないが-」と前置きして、医学生理学賞に選ばれた本庶佑先生も、国の支援を訴えていた。歴代の受賞者がみんな同じ思いを口にするのだ。

 世界的な成果を出している京都大でさえ、研究費に窮しているとすれば、由々しき問題では…。そんなことを考えているうちに、ちょっといいかもしれないアイデアを思いついた。

 総務省が何かと目の敵にしているふるさと納税。寄付の相手先を市町村だけでなく、大学にも広げたらどうだろう。もちろん、総務省が小うるさく口を差し挟む返礼品は、なしということで。

 オプジーボのような想像を超える治療薬が生まれるのなら、返礼品なんてなくても、寄付は増えるに違いない。研究費の配分を文部科学省の官僚に任せておくより、ずっといい。ような気がする。