仙台市内の神社ではこの時期、合格祈願のお守りやグッズが人気を集める。五角形の「合格鉛筆」はその一つ。五角形の鉛筆は指にフィットし、指先から抜け落ちる心配がないとか。
 五角形が縁起物とされるのは「五角」と「合格」の語呂合わせからくる。五角形の縁起物は多く、パン、どら焼き、柿などの食品が話題になる。
 五角形は、古代中国の哲学「五行思想」でも幸運をもたらす形とされる。五角形の頂点に配置されるのは、万物を形成する火、水、木、金、土。邪気が入り込む余地のない完璧な形をつくるという。
 だから、五角形の縁起物を持てば怖い物なし。と思いたいが、現実的には邪気を追い払うのは難しい。今、全国で流行しているのはインフルエンザの邪気。宮城県はきのう県内全域に警報を出した。
 あすから大学入試センター試験が始まり、本格的な受験シーズンに入る。最も大切なのは体調管理。受験で失敗を繰り返した筆者もそのことだけは自信を持って言える。うがいや手洗い、マスク…。インフルエンザ対策は怠りなく。