洋服や靴などを扱う仙台市内のショップの店員に最近の流行を聞いた。靴に関して彼は「女性はやはり厚底の靴を好む人が多いですね」と言う。
 1990年代後半、絶大な人気を博した歌手の安室奈美恵さんが火付け役となって厚底のブーツが大ヒットした。約20年が経過し、ブーム再来となっているようだ。20年前は、そんな不安定な靴で歩いてけがをしないかと心配した。最近の厚底靴はスニーカータイプもあり、歩きやすくなっているという。
 厚底靴がいま、ファッションの分野ではなく、陸上のマラソンの世界でも注目されている。昨年、トップ級の選手が厚底シューズで好記録を出し、話題になった。反発力があり推進力が増すらしい。
 日本陸上競技連盟の競技規則では靴底の厚さの明確な制限はない。マラソンの上級者は薄底を履くのが一般的だったが、今後、厚底シューズが市民ランナーの間ではやるかもしれない。足首の柔軟性の違いなどにより、ランニングシューズは各人で「合う」「合わない」がある。厚底か薄底か、専門店に相談してみては。