26人というと、サッカーのJリーグに所属する各チームの選手数ぐらいだろうか。国際非政府組織(NGO)のオックスファムは、世界の富豪上位26人の資産は約150兆円に上ると発表した。
 世界人口の半数に当たる貧困層38億人の資産と同額というから驚く。「持つ者」から「持たざる者」に、ごくわずかでも富を回せば、どれだけ多くの人が救われることかと思う。
 世界では計8億人、9人に1人が飢餓に苦しんでいるとされる。ただ、世界には十分な食糧はあるという。日本は豊かな国なのだろう。まだ食べられるのに廃棄された食べ物は年間、650万トン。飢餓に苦しむ人に対する世界の食糧援助量の1.5倍に上るとの試算もある。
 最近は、節分の時に売れ残った恵方巻きの大量廃棄が問題になる。店が客からの苦情を恐れて多く作ることが主な原因というから、工夫や努力次第で何とかなりそうな気がする。
 あす3日は節分。恵方巻き自体は楽しい習慣である。幸運を祈ると同時に、食べ物の大切さにも思いをはせたい。