働き盛りの運動不足解消につなげようと、スポーツ庁などがつくった、歩くことを促すスマートフォン用アプリ。「長く続けるのが苦手なあなたも、ぜひ」とこのほどバージョンアップされた。
 これまでの歩数表示に加え、エネルギーの消費量、歩いた時間が分かるようになった。「(4日の17時台は)○歩、□カロリー、△分」といった具合。この数字が日、週、月、年の単位でも比較できるから、がぜんやる気になる。
 選択して一緒に歩くキャラクターの設定も心憎い。頑張った分に応じて6段階の変化を見せる。最初こそ簡単に次の図柄になるが、サボると前の場面に戻ることもあり、ぼやっとしていられない。
 昨年10月末、宮城初のキャラとしてJ1仙台のベガッ太が加わった。好物のホヤを片手に持っていたり、仙台牛を連れていたり…。「Jリーグ、仙台を意識して工夫しました」と事務局は語る。
 累積歩数、1日の平均歩数など、複数の条件が必要な難関の6段階目は、ドリブルで相手を華麗にかわす姿。さあ、あなたもどんどん歩いてたどり着いて。