口にした瞬間、「おやっ」と思った。仙台市内の飲食店でアイスコーヒーを飲んだ時のこと。よく見ると、一般的なプラスチック製ではなく紙製のストロー。道理で舌触りが違うわけだが、何ら不都合は感じなかった。

 プラ製品を廃止しようという動きが国際的に広がっている。背景にあるのは深刻な海洋汚染。世界全体で年間800万トン以上のプラごみが海に流出していると推定され、クジラやウミガメが誤食するといった事例も報告されている。

 ペットボトル、レジ袋、シャンプー容器…。気が付けば身の回りにはプラ製品があふれている。安価で手軽、耐久性もあって便利だが、生態系を破壊していると考えれば見直しは当然だろう。

 政府は来年4月にもレジ袋の有料化を義務付ける方針だが、使い捨てプラ製品の使用禁止にまで踏み込む海外諸国に比べると、まだ手ぬるいようにも映る。

 何より必要なのは一人一人の意識改革。店先では繰り返し使える「マイストロー」も見掛けるようになった。グローバルな改革も身近な一歩から、である。