昨秋、仕事で行った大阪でタクシーに乗ると「仙台からですか。仙台と聞くと私らカッコええなあと思います」。人生で1回も、カッコいいと言われた経験のないこの欄の筆者は、気分がいい。

 むろん、筆者の容姿を言ったのでないのは、百も承知。むちゃくちゃ夏が暑い大阪の人は、冷涼な東北に憧れがあるらしく、それに伊達政宗だ。「政宗はカッコええですねえ」と運転手さん。

 翌日、駅ビルの中で迷っていると、優しく声を掛けてくれた女性がいて、大阪がほんと好きになった。このところ、新型コロナ感染症で閑散とした街の様子をテレビで見るたびに、心が痛む。

 新型コロナに対する大阪府の対応は立派だと思う。自粛解除の基準を明確に打ち出し、通天閣などを青や黄色、赤にライトアップして、達成度を知らせるというアイデアもなかなかいい感じ。

 ご当地ソングとして歌い継がれる『大阪で生まれた女』。その一節に〓大阪で生まれた女が今日 大阪を後にするけど 大阪は今日も活気に溢(あふ)れ…。活気ある街に一日も早く。遠くから願っている。

〓は庵点(いおりてん)