仙台市内が夏日となった日の午後、短時間の外出だったにもかかわらず、顔の辺りが暑苦しくなった。そう、マスクである。

 政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が長丁場の感染拡大に備えて提言した「新しい生活様式」では、外出の際のマスク着用を具体策として例示した。今後の感染状況にもよるが、暑い盛りにマスクを着ける機会が増えることになりそうだ。

 そこで気になるのが熱中症。マスクで覆われることによって体温が上がりやすくなり、体温調節がしにくくなることに加え、喉が保湿されることによって渇きを感じにくくなる恐れがあるという。新型コロナウイルスの感染ばかりに気を取られていると、熱中症対策がおろそかになりかねない。当然、小まめな水分補給が大切になってくる。

 これまで、多くの人にとって、マスクは冬や花粉症の時季に限られていた。夏のマスク着用による暑苦しさに、どこまで耐えられるか。今夏が猛暑にならないことを願うばかりだ。