宮城県南三陸町のさんさん商店街には、誰でも自由に弾けるピアノがある。昨年末に会議室から引っ張りだし、簡易囲いを施したフードコート中央に据えた。「弾くのは子どもが多いですが、中にはプロかなと思う腕前の人もいます」と事務局の佐藤潤也さん(29)。聞いていた観光客から拍手が起こることも▼来月13日に開館する「気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ」にも、ピアノが設置される。海を望む2階ラウンジ。2015年に閉校になった小原木中のグランドピアノを活用した。年末年始を除く午前9時~午後9時、自由に弾ける。「海に向かって音が響くように配置したい。気軽にどうぞ」と観光課▼南三陸町にピアノを贈ったのは鹿児島市一番街商店街。11年2月、国内で最初に常設の「ストリートピアノ」を設置した。理事長の庵下(あんした)龍馬さん(67)は「毎日決まった時間に弾くのが生きがいの人がいる。行政の視察も多いです」▼世界各地のストリートピアノを弾き歩く人もいるとか。ぜひ気仙沼を訪れ、復興の様子を広く伝えてほしい▼気仙沼市は開館日に記念演奏を行う計画だ。どんな曲が似合うだろう。映画「魔女の宅急便」より「海の見える街」はいかが。記憶を呼び覚ますかのようなメロディー。誰か弾いてくれませんか。(2019.3.24)