ミツバチと花はよく恋人同士に例えられる。実際に両者の関係は面白い。近藤孝男名古屋大名誉教授によると、花が咲いている時にミツバチが蜜を吸うのは、それぞれが体内時計でタイミングを合わせているからだという。まるで時計を合わせてデートしているようだと▼体内時計はほぼ全ての生物にある。朝に起き、夜に眠るのは体内時計の働きによる。人の体内時計は厳密に24時間刻みではなく、少しずつずれるが、光を浴びるとリセットされる。朝の光に当たると目覚めがいいのはこのためだとか▼今日から4月。新元号が発表される。天皇一代に元号を一つと定めた明治の前は頻繁に改元があった。天皇の代替わりのほか、天災、戦乱などが理由。時代をリセットし、心機一転を図りたいとの思いがあったのだろう。今回はどんな元号になるのか▼新年度も始まった。進学、就職、転勤などで多くの人が新しい環境で生活をスタートさせる。希望に胸を膨らませている人も、そうでない人もいるに違いない▼まずは健康が第一。残業や夜更かしで体内時計が狂うと、不眠症やうつ病、生活習慣病になりやすいとされる。寝る前にスマートフォンで強い光を浴びるのも駄目。規則正しい生活を心掛け、新時代を歩いていこう。少しずつ。半歩でも前に。(2019.4.1)