水島新司さんの人気漫画『野球狂の詩』に18歳の少女、水原勇気が登場したのは1970年代半ば。左下手投げの投手で、魔球「ドリームボール」を操った。77年には当時の人気アイドル、木之内みどりさん主演で映画化された▼独立リーグながら、男子と同一チームでプレーする初の女子プロ野球選手が誕生したのは2009年。ナックルボールが得意で、「ナックル姫」と呼ばれた吉田えりさんだった。10年には米独立リーグでプレー。デビュー戦のユニホームとバットは米野球殿堂博物館に展示された▼女性の野球界への進出がさらに一歩進んだ。米大リーグ、マーリンズのゼネラルマネジャー(GM)にキム・アング氏が就任した。チームの編成面で大きな権限を持つGMに女性が就くのは、野球などの北米四大プロスポーツで初となる▼90年に米球界に入り、2球団でGM補佐を務めた。前職は大リーグ機構野球部門の上級副社長。「GMに最も近い女性」と言われてきたため、就任は遅すぎたとの声も▼大リーグでは今季、フルタイムのコーチにも女性が初めて起用された。「私が最初の女性の副大統領になるかもしれないが、最後ではない」。米大統領選の勝利宣言でカマラ・ハリス氏が語った言葉は、さまざまな職種に広がりつつある。(2020.11.17)