新型コロナウイルスの感染防止対策で注目されるテレワーク。通勤時間を有効活用できるなどメリットはたくさんある。一方、デメリットについては運動不足になるとの想像はできたが、実践する人に聞くと他にもあった。

 ある男性は「独りで家で黙々と仕事すると、正直飽きる。職場で交わす何げない日常会話が、気分転換になっていたと実感した」。別の人は「テレビ会議では、ささいなことを相談しにくい」と言っていた。

 彼らは直接対面してのコミュニケーションがなくなったことに、ストレスを感じていたのである。確かにテレビ会議で顔を合わせて話しても、微妙な表情やニュアンスは伝わりにくい。

 今は人との接触を避けることは必要不可欠だが、それが常態化したらどうなるのか。このまま慣れてしまうのだろうか。彼らの話を聞きながら、少し怖くなった。
(生活文化部・越中谷郁子)