新型コロナウイルスの感染拡大で世界中のスポーツが中止、延期となる中、盛り上がっているのがeスポーツだ。最近、動画サイトで配信される試合を眺めるのがひそかな楽しみになっている。

 本来の競技を主催できない各スポーツ団体が、開幕を待つファンを楽しませようと、それぞれの競技のゲームを使用し大会を開催する。競技に参加するアスリートたちがラケットやボールをコントローラーに持ち替え、ゲーム上で熱戦を繰り広げている。

 欧米では放送コンテンツが不足するテレビ局がeスポーツを中継している。特に米国は実際の大会同様、試合前に国歌斉唱などのセレモニーを実施する競技もあり、さすがエンターテインメントの国と思わされた。

 一昨年ごろから認知度が高まりだした。体を動かせない現状を追い風に、新時代のスポーツとして定着しそうだ。
(スポーツ部・斎藤大輝)