新型コロナウイルスの影響で音楽イベントが軒並み中止になり、演奏家たちが苦境に立たされている。仙台市のサックス奏者熊谷駿さんもその一人。当面のコンサート出演が白紙になった。

 そんな状況下、熊谷さんは「多くの人に音楽を届ける」と前を向く。4月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で楽曲配信を始めた。毎週水曜に米国仕込みのジャズなどを1曲、心を込めて奏でる。

 ネットに不慣れな人に向けて、配信した楽曲をCDにまとめ、無料配布する試みも好評だ。希望者は、はがきに送付先と氏名、「おんがくお届け便希望」と明記し、〒982-0801仙台市太白区八木山本町1の33の3、熊谷さん宛てに申し込む。

 「自分の役割は音楽で心を癒やし、活力にしてもらうこと」と熊谷さん。コロナ禍が収束し、コンサートホールで熊谷さんの熱い演奏を聴く日が待ち遠しい。
(生活文化部・長門紀穂子)