世界に誇る新幹線の安全性への信頼が、根底から揺らぎかねない深刻な事態と言わざるを得ない。
 昨年12月に見つかった東海道・山陽新幹線「のぞみ」の台車枠の亀裂問題である。製造元の川崎重工業が作業時のマニュアルに反し、鋼材を薄く削っていたことが明らかになった。
 部品を溶接しやすくするため、現場作業員が台車枠の底面を厚さ4.7ミリまで加工。「加工後7ミリ以上」の設計基準を満たしていなかった。
 同社は、削り込みによって鋼材に強度不足が生じ亀裂が広がった可能性があるとみている。安全性に逆行する、考えられない製造ミスだ。
 作業責任者が削り込みの規定を理解していなかったばかりか、加工後の鋼材の確認もなされていなかった。品質管理があまりにもずさんだ。
 台車は新幹線の走行を床下から支える重要な部材である。強度確保や安全基準について、日頃の指導は徹底されていたのだろうか。設計書を渡して、後は現場任せの体制ではなかったか。
 設計通りに仕上がっているかどうかチェック機能を強化すべきなのは当然のこと。社内の工程管理をしっかり検証し直し、再発防止につなげなければならない。
 鉄道車両製造で豊富な実績も持つ同社は、海外でも鉄道事業に参画している。得意分野でのつまずきによって、メード・イン・ジャパンへの信頼に傷が付く懸念がある。データ改ざんなど不祥事が相次ぐ中、製造業全体の問題として真摯(しんし)に捉えるべきだ。
 今回、亀裂が見つかった台車枠以外にも鋼材の厚さが基準外だった同社製造品は、JR西日本に100台、JR東海に46台納入されていた。
 両社は安全性を確認しながら順次、交換する計画というが、鋼材の傷や亀裂はいつ、どのように出始めるか予測がつかない。乗客の不安解消のためにも、一刻も早く取り換えるべきではないか。
 そもそも台車枠亀裂を巡っては、安全への意識を欠いたJR西日本の不適切な対応が真っ先に問題になった。
 乗務員らが走行中の異常に気付いていたのに、現場と指令担当の社員の意思疎通がうまくいかず、列車を止めての床下点検を先送りしていた。
 今回、車両メーカーと鉄道事業者の双方が基本動作を怠るようなミスを犯し、それが折り重なっていたことは深刻に受け止めねばなるまい。それぞれが持つ企業責任を自覚すべきだろう。
 台車枠の亀裂はあと数センチを残して破断寸前だった。一歩間違えば脱線を引き起こし、人命に関わる重大事故につながりかねなかった。
 鉄道運行に関わる全ての人たちの総力を集め、感度を高めていくことでしか事故は防げない。メーカーと事業者が一体となって安全運行の達成に力を尽くしてほしい。