一度は開いたはずの再審への扉が閉ざされた。審理の場は最高裁に移ることになる。再審を開くかどうか、その入り口の前で、さらに時間を要することになる。
 静岡県で1966年、みそ製造会社の専務一家4人が殺害された強盗殺人事件で、死刑が確定した元プロボクサー袴田巌さん(82)に対し、東京高裁はきのう、2014年の静岡地裁の決定を取り消し、再審開始を認めない決定をした。
 地裁決定はDNA型鑑定などを根拠に再審開始を認めたが、高裁は鑑定の信用性を否定した。確定判決には多くの疑問点が指摘されており、今回の高裁決定は十分な説得力を持っていない。
 即時抗告審では「犯行時の着衣」に付いた血痕のDNA型鑑定が焦点となった。高裁は「鑑定手法を過大評価している」として、地裁決定を退けた。
 高裁はDNA型鑑定の手法検証に審理の大半を割き、決定もそれを中心に判断を導いた。再審は誤判救済の制度だという広い視点でこの裁判全体を振り返れば、別の結論にたどり着いた可能性がある。
 最高裁は1975年、札幌市で警部が射殺された事件で「疑わしきは被告人の利益に」という刑事裁判の鉄則が再審にも適用されると説いた。いわゆる「白鳥決定」だ。
 同決定では確定判決の事実認定に合理的な疑いが生じれば、再審を開始できるとしている。新旧の全証拠を総合的に評価し、その結果、冤罪(えんざい)に苦しむ人を救済する再審に向けて、道を開いた。
 犯行時の着衣とされるシャツなど「5点の衣類」は、80年に確定した死刑判決を支えた重要な物証だ。だが、それは事件から1年2カ月後、工場のみそタンク内から突然見つかるという不自然さだ。ズボンは袴田さんには小さすぎるという問題もある。
 衣類の変色を基にして地裁が「(捜査機関による)捏造(ねつぞう)の疑い」にまで言及した点について、高裁は「具体的な根拠に乏しく、捏造した合理的な疑いは生じない」としたが、検証が十分とは言えない。
 68年の一審静岡地裁判決は自白は本人の意思に基づいていないとして、自白調書45通のうち44通を証拠として認めていない。このことからも自白は強要された疑いが残る。
 多くの疑問点を残したまま有罪認定した確定判決を総合的にどう判断するのか。最高裁では、こうした点をより深く審理してもらいたい。
 再審請求審の在り方も問われる。81年提起の第1次再審請求審は、最高裁で棄却されるまで27年。今回の第2次再審請求審も2008年の提起から既に10年がたつ。
 地裁が異例の釈放を決定し袴田さんが48年ぶりに獄中から解放されて4年余。年齢を考えれば、残された時間には限りがある。迅速に結論を出すことも求められている。