写真特集

2018年東北の祭り(1~2月)

<只見ふるさとの雪まつり>福島県只見町の冬の祭典「只見ふるさとの雪まつり」が、JR只見駅前広場で始まった。今年は、戊辰戦争から150周年を迎えることを記念し、悲劇の舞台となった鶴ケ城の大雪像を制作。高さ12メートル、幅30メートルで、10トントラック約1000台分の雪を運び、地元の大工、左官職人らが約3週間かけて作った。戊辰戦争150周年を記念して制作された鶴ケ城の大雪像=2018年2月10日、福島県只見町

写真特集

一覧を見る