写真特集

<震災7年>海の恵み もう一度 未来への確かな歩み、浜の再生促す

1/8
【生命跳ねる】夜明けとともに定置網を引き揚げると、マイワシが網からこぼれ落ちるほどの大漁。漁師さんの顔も自然とほころぶ。「東日本大震災で漁獲量は以前の3分の1にまで落ち込んだ。市場や水産加工施設が整備されて、やっと元に戻りつつある」と、山根漁業部(宮古市)の山根睦寛さん(49)。三陸に暮らす人たちにとって、豊かな海との共生はこれからも変わらない=2018年2月2日、宮城県石巻市の網地島沖

写真特集

一覧を見る