写真特集

<震災7年>各地で追悼の祈り 私たちができること 涙を拭って進むこと

64/206
宮城県南三陸町防災対策庁舎の献花台に訪れた大学博さん(64)、洋子さん(65)夫妻は南相馬市の自宅が流され亘理町に居を構えた。毎年3月11日には被災地各所を巡るという。「みなさんさまざまな場所で苦労されてきたと思い手を合わせてきた。7年がたち復興が進む姿を見ると悲しみも和らいでくる」と話す=2018年3月11日午前10時45分ごろ、宮城県南三陸町志津川

写真特集

一覧を見る