写真特集

第34回河北写真展がきょう開幕 東北電力グリーンプラザで来月2日まで

【震災からの復興 東北放送賞】「未来へと続く鉄路―気仙沼線」及川俊弘さん(撮影地・登米市)【評】向こう側から近づく列車を正面から捉えた。写真としての質が高い。こちら側は未来を象徴し、復興が進む様子を表す。舞う雪は震災直後の雪を連想させ、トンネルは山あり谷ありの復興を連想させる。
記事を読む