写真特集

2018年東北の祭り(11~12月)

<正月の神棚飾り配布>宮城県南三陸町の各神社が正月の神棚に飾る切り紙細工「きりこ」を氏子らに配っている。同町志津川の上山八幡宮は大漁祈願の鯛飾りをはじめ、供え物に見立てた餅やお神酒、知恵袋といった縁起物をかたどった数種類を用意した。宮司の工藤庄悦さん、妻で禰宜の真弓さんが12月中旬から、東日本大震災の被災者向けの災害公営住宅、地域の集会所で手渡している。きりこは三陸沿岸に伝わる風習。鯛飾りのきりこを手渡す庄悦さん(中央)と真弓さん(右)=2018年12月23日、宮城県南三陸町志津川