写真特集

<平成・東北の十大ニュース>30年 災いも喜びも

(1)東日本大震災と原発事故/平成23(2011)年 未曽有の大災害に、東北が襲われた。2011年3月11日午後2時46分、宮城県沖約130キロを震源とした地震が発生。震度7、マグニチュード(M)9.0と国内の観測史上最大規模で、被害を含め「東日本大震災」と名付けられた。大津波が岩手、宮城、福島3県の沿岸部などを襲い、全国で死者は1万5897人、行方不明者は2533人に上った。避難者は19年3月現在、5万564人を数える。東京電力福島第1原発では全電源が失われて原子炉が冷却できなくなり、メルトダウン(炉心溶融)が起きた。水素爆発で大量の放射性セシウムが放出され、国際評価尺度ではチェルノブイリ原発事故と同じ最悪のレベル7と判定された。【写真】東日本大震災の地震発生による津波に襲われる宮城県南三陸町の市街地=2011年3月11日、午後3時45分ごろ
記事を読む

写真特集

一覧を見る