写真特集

<アングル韓国>「眠らない街」ソウル 歴史と現代が融合

【国宝】国立中央博物館で展示されている国宝の「半跏思惟(はんかしい)像」。金と銅で作られ、6~7世紀の東アジアの代表的な仏教彫刻。広隆寺(京都市)の木造半跏思惟像と形がよく似ているという=2019年4月23日
記事を読む