写真特集

過去最強級の台風19号 傷痕深く、被害全容見えず

大型で非常に強い台風19号は12日、伊豆諸島近海を北上し日本列島に接近した。夕方から夜にかけて静岡県か関東に上陸する見通しで、東日本を中心に広範囲で猛烈な風が吹き、記録的な暴風や大雨の恐れがある。千葉県市原市では車が横転して1人が死亡、他に5人が負傷した。竜巻のような突風が原因とみられる。徳島県でも1人がけがをした。気象庁は大雨・洪水警戒レベルで最高の5に当たる特別警報を出す可能性があるとして厳重な警戒を呼び掛けた。台風の影響で大きくなった波が消波ブロックに打ち寄せた=2019年10月12日午前10時ごろ、仙台市若林区荒浜