写真特集

過去最強級の台風19号 傷痕深く、被害全容見えず

吉田川の氾濫で大きな被害が出た宮城県大郷町の粕川地区で、罹災(りさい)証明の発行に向けた住宅被害調査と判定を始めた。今回明らかに浸水した地域に限り、町が住民の申請を待たずに調査。職員が家屋の被害を確認して回った。被災した住宅を調査する町職員ら=2019年10月16日午前11時15分ごろ