写真特集

過去最強級の台風19号 傷痕深く、被害全容見えず

台風19号の大雨により、岩手県宮古市重茂地区では二つの集落の孤立状態が続いている。市街地と結ぶ唯一の道路が崩落した。孤立状態が続くのは、重茂半島の北部に位置する仲組集落の18世帯46人と追切集落の20世帯65人。市道が約20メートルに渡って崩れ落ち、通行不能となった。台風19号の大雨で崩落した市道=2019年10月20日午前9時55分ごろ、岩手県宮古市重茂