写真特集

過去最強級の台風19号 傷痕深く、被害全容見えず

台風19号の通過に伴い伊達市では阿武隈川支流の塩野川が氾濫し、市内のニット製造業5社に甚大な浸水被害をもたらした。中世から養蚕業で栄えた同市は全国有数のニット産地としても知られる。秋冬物の出荷がピークを迎え、春物の仕込みも重なる繁忙期のさなかに被災した。ミシン約40台などが浸水被害に遭った丸幸ニットの工場=2019年10月21日午後0時40分ごろ、福島県伊達市梁川町