写真特集

過去最強級の台風19号 傷痕深く、被害全容見えず

台風19号で甚大な浸水被害を受けた福島県内の被災地が、ボランティアの確保に苦労している。被害が東日本の広域に広がり、福島に来るボランティアがそもそも少ないからだ。マンパワー不足は深刻で、被災者の生活再建を阻む要因にもなっている。浸水家屋から家財道具を運び出すボランティアら=2019年10月26日、福島県南相馬市の原町区小川町