写真特集

2019年東北の祭り(11月~12月)

<鳴瀬かき祭り>収穫期を迎えた宮城県東松島市鳴瀬地区産のカキをPRする「鳴瀬かき祭り」が11月24日、同市野蒜の防災体験型宿泊施設「キボッチャ」であった。蒸しカキ7000個が無料で提供され、来場者約4500人が旬の味を堪能した。市内の飲食店や商店など約15団体が出店しカキフライバーガーや市名物の「のりうどん」などを販売した。鳴瀬地区産のカキは鳴瀬川と吉田川が交わる栄養豊富な河口で育ち、甘くて苦みが少ないのが特徴という。地元産の蒸しカキを受け取る来場者(右)ら=2019年11月24日午後0時10分ごろ、宮城県東松島市野蒜